TEL Web予約

当院について | 歩行改善に特化した松戸市・常盤平で人気の整骨院

TEL:047-711-5867
メールはこちら オンライン予約はこちら

リリース五香整骨院では
皆様が抱えるお体の問題を
どうやって改善していくのか?
改善できない方が
よく見逃されている3つの事実

1.慢性的な痛みとはそもそも何なんでしょうか?

慢性的な痛みとは、「このままだと壊れちゃうよ」とか「壊れちゃった」などの警報機が鳴っている状態なのです。

これが痛みの原因だよ、このせいで壊れちゃうよとか、このせいで壊れちゃったんだよ、というように、体の方から警報器を鳴らす原因まで教えてくれれば楽なんですが、体はそこまで親切にできていません。
例えば、慢性的な痛みの場合、振り子の原理のように、体がどちらか一方に極端に偏る状態になると体はこれではマズイと察知して本人に伝わるように痛みという警報機を鳴らします。
なぜ警報機が鳴っているかはなかなか本人ではわからない場合が多いため、病院の先生に診てもらう事になります。

そして、シップ、薬、注射などを処方してもらうわけですが、そこで幸いにも警報器がすぐ止まる方もいれば、警報器が止まってもすぐにまた警報器が鳴ってしまう方、全然警報器が止まらない方など、残念ながら結果が分かれてしまってる現状があります。

病院などで処方されるシップ、薬、注射もありがたいものなのですが、例えば慢性痛の方のように、警報器が止まってもすぐにまた警報器が鳴ってしまう方、全然警報器が止まらない場合があるように、なかなか救われない方がいるのはなぜでしょうか?
警報機は体が「このままだと壊れちゃうよ」とか「壊れちゃったよ」ということで鳴っていますので、実は慢性痛の方は、警報機が鳴る原因となる問題までしっかり把握しなければなりません。

そのため、問題を置き去りにし痛みだけを取ろうとしても、痛みが繰り返されたり、痛みが続いたりという事になってしまいます。

また時間だけが経過すれば状況は険しくなっていきます。
重要な事は、警報機が感知している原因となる問題まで深堀し、その原因となる問題を改善することで、警報機自体が自然と鳴り止むという形を取らなければなりません。それが体が望む自然な回復過程であります。
例えば、歩行が遅くなったり、腰痛、肩こり、神経痛、不眠も、みんな原因となる問題があって症状が現れます。
改善するには必ず問題に向き合わなければなりません。

当院では警報機が感知している原因となる問題をご本人に何がどうなっているのかわかりやすく説明し、そして原因となる問題を改善していく事で警報機を自然な回復過程で鳴り止ましていきます。

2.関節の変形とは何か?

関節の変形は、持続的に関節に負荷がかかり続ける状況を体が察知し、その環境に適応させるため体は関節の変形を作り、かかり続ける負荷に負けないよう関節を安定化させたものです。

関節の変形はかかり続ける負荷に関節が負けないように作られるもので、老化としてひとくくりにはできず、むしろ老化というよりも習慣性の要素の方が大きいと考えております。

変形している関節に痛みが出ている場合は、テレビでCMされるようなサポータをお使いになる事が多いと思います。
関節の変形は体が安定を目的にして作られたものなので動きにはあまり適さない状態です。

しかし、日常生活において動けないというのはとてもつらい事です。

関節の変形は、徐々に進行してしまう場合もあります。
しかし関節に負荷をかけ続けている体の問題を明確にし、それを改善できれば、痛みの改善と同時に進行している関節の変形を止める事が可能です。
痛みが続くと関節の変形が進んでしまい日常生活に支障を来たし、自由な生活に悪影響を及ぼしてしまいます。

3.だんだん体が動けなくなってきたのは老化のせい?

病気やケガを除き、一般的にシニアの皆様の体は長年かけて徐々に動きづらくなってくる事が多いかと思います。
またそれに伴い慢性の痛みや、しびれ、むくみ、内科疾患なども併発している事が多いと思います。診察受ければ老化と言われ、本人でも老化だからしょうがない、長年使ってきたんだからしょうがない、もう若くないんだからとあきらめて肩を落とされていませんか?

当院の見解では、シニアの皆様のお体が動きづらくなってくるのは老化性が100%の原因ではなく、人によって70%だったり、50%だったりという印象でして、老化性と一言であきらめてしまうのはあまりにももったいないと感じております。また老化性が占める割合も個人差がかなりあると思います。

では、老化性以外の残りの30%や、50%はざっくりと表現しますと、習慣性によるものになります。
この習慣性の部分は老化性とは異なり変化を起こせる、つまり改善できる可能性が多いにあるのです。

当院ではここの見極めがとても大事であると考えております。それは、まだまだ改善できる余地が残される習慣性の部分が見過ごされれば、その先の患者様の生活や思考、結局は人生が全然変わってしまうからです。
あなたの体が動けなくなってきた原因があきらめなくてはいけない老化で占められているのか?
または、習慣性の部分がまだ少し残されているのか?それとも習慣性の部分が大いに残されているのか?
当院ではその見極め評価に基づき、今あるあなたのポテンシャルを最大まで引き上げるお手伝いができればと考えております。
相当な時間経過によりお体が老化で占められてしまうのも事実です。

100%老化性のものであれば、それを受け入れながらの生活になります。
そのため早め早めの行動が身を救います。

多角的な視点からその状態に至った原因を明らかにし、患者様の問題解決に向けた施術を行っていきます

例えば患者様が腰が痛いという場合、腰に注目しがちになります。すると腰にシップを貼る、腰を押してみる、腰に何かをしてみたくなります。
腰が痛いんですから当然です。痛みという警報機が腰から鳴り響いている場合、当院では腰だけを見る事はしません。それはなぜか?

体「全体」は体の「部分」の集合体で、体「全体」は体の「部分」の総和以上の性質を持って機能しています。

腰の痛み、つまり「部分」だけの情報では痛みに至る全体構造(痛みの原因)が見えてきません。

何で腰が痛くなったんだろうと考える事が、改善に向けての第一歩になります。

例えば、立派な太い木の枝が折れたり、枯れたり、何か異常があった場合に、どうしたんだろうと枝の異常の原因を探るために、異常が起きた枝だけを見るということはありません。何かが乗っかって枝が折れたのか、虫に食われて折れたのか、何かに感染して枯れたのか、栄養が届かなくて枯れたのか、木「全体」を眺めた上で枝「部分」の異常の原因について考えると思います。
そしたら何でも木全体を見れば枝が分かるのか?というと、それも情報不足になります。やはり枝「部分」と木「全体」の両方を確認する必要があります。

そして専門家のアドバイスで原因に対策を打つことで木も修復していくことでしょう。
人間の身体も一緒です。体全体の構造や機能と、体の部分の構造や機能を理解している知識と経験を持つ専門家なら、体の痛みの原因はおおよその検討がつきます。
施術においても知識と経験があって、患者様の問題改善につなげることができます。

よって、施術者が患者様の痛みにしか視点を置かないのか、痛みの原因まで広い視野を持って丁寧に診るかで、患者様の将来に影響をあたえかねません。
改善するものも改善しない、改善しないから問題が大きくなる、問題が大きくなりいよいよ周囲に支えてもらわなければならないという構図は避けたいものです。

ご本人に限らず、周囲の方で心配になってきた方がいらっしゃいましたらぜひご相談ください。

何ができるの?
リリース五香整骨院にしかできないお役立ち

1.歩行の不安、悩みの改善が可能

  • 歩行のスピードが落ち後ろから追い抜かされる
  • 杖をついて歩くようになりたくない
  • 歩くのが疲れるようになってきた
  • 長い距離が歩けない

などなど、歩行に不安を持つ方は多いのではないでしょうか。

自力で移動する能力をいつまでも維持し続けたいものです。

※身体環境の個体差や、相当な時間が経過している場合は施術効果が低くなるケースもございます。

2.手術を回避できる保存療法が可能

変形性股関節症と変形性膝関節症が当院で可能な保存療法の対象となります。 ※状態や程度により対象でない場合もございます

問題をすぐに手術と決意する前に、残りの可能性を引き出し、できれば手術を回避したい。

病院や周囲から手術を勧められたが手術はしたくないのでこれ以上悪くならないように維持したい。

お医者さんに手術を勧められても、回避できる場合が間々あります。変形性疾患の手術の決定打は難治性の痛みや日常生活の支障度のようです。

上記の手術を勧められた場合でも、まだ保存療法で維持できるケースもございますので遠慮なくご相談ください。

※身体環境の個体差や、相当な時間が経過している場合は施術効果が低くなるケースもございます。

3.病院などに通院しているのになかなか改善できない整形外科疾患が改善可能

☆椎間板ヘルニア

☆脊柱管狭窄症

☆坐骨神経痛

☆肋間神経痛や帯状疱疹後神経痛

☆股関節痛・膝関節痛

※身体環境の個体差や、相当な時間が経過している場合は施術効果が低くなるケースもございます。

4.知識と経験に基づいた正確な見立てによる効果的な施術をご提供致します。

初回は検査を行い症状の過去・現在・未来について詳しく解説していきます。

あなたに起きている症状とその原因について、起きている事実を知ることはとても重要です。

あなたの、「なぜ?」「どうして?」に対しても丁寧にわかりやすく解説いたします。

また画像診断を希望される方は提携する病院やクリニックにて画像診断が可能です。

検査により当院でひとつも良好な変化を出せないと判断した場合にはその旨をはっきりとお伝えいたします。

5.お体の良好な変化によりあきらめかけていた人生の希望も膨らみます

お体の問題は改善しないままでいると状況は徐々に悪化していきます。

かぜの場合、引き始めに効く薬、かかった後の処置、こじらせた場合は入院することもあり、対処が遅れるとどんな疾患でも対処法が一筋縄ではいかなくなります。

整形疾患も同様で、症状が進行してしまうと更に身体環境が機能低下し、それに伴って生活の質が低下し、リスクが高まる事で、命の危険性も高まります。これ以上リスクを高めないための行動が重要となります。

6.感染症予防対策を徹底し、他の患者様と交わり接近することなく安心安全に効果的な施術を受けられます